colorful library

音楽やアイドルの話多めで気ままに思ったことをかいています

ハロプロらしさとかいうもの

ハロプロらしさって、等身大の女の子の気持ちを表現することだと私は思ってます。

かっこいい・かわいい曲にダサい振り付けを入れることでもなく、面白い曲をシュールにやることでもない。「普通の10代の女の子が考えることを一生懸命表現したらこんな感じなんじゃない?」っていうところにスポットを当てたパフォーマンス。そのために結果的に隙=ダサさが必要になっただけで、これぐらいダサくしたらそれっぽくなるってんじゃない。

今ファンから「ハロプロっぽい」っていわれてる曲も結局過去の楽曲を踏襲してるだけで、今を生きる等身大の女の子の表現はないように感じるんですよね。今回のアンジュルムの46億年LOVEとかも感覚的には「なんだ、またラブマ(LOVEマシーン)歌ってんのか」みたいなとこあるし。

もっとごく普通の女の子が思うようなことでいいはず。「好きな人には愛されたい」とか「自分に自信がほしい」とか。多少メンバーに当て書きするようなことも必要だろうけど、ベースはね。


どうにもファンが思う「ハロプロらしさ」に引っ張られて全然らしくない方向にいってる気がするので、そういうの全部捨てて取り戻してほしい。普通の女の子の気持ちを。

耳を傾けるべきは

声の優しい多数派と声の激しい少数派がいたら、声の激しい少数派の意見のほうが今は影響力強いような気がします。

これがいい方向に影響する分にはいいんだけど、余計な方向にいきすぎることも多い。多数派を食うように大声で「こっちが正義だ!」っていえばみんな右ならえ。それが怖いなぁと思いますね。

でも耳を傾けるべきは声の大きさじゃなく、質。事実に対して的を得てる声かどうか、色んなものを照らし合わせて見極めることであってほしい。それが何事も前へ進むのに大事なことだから。

必ずしも声を激しくする少数派の声を全部聞き入れれば万事解決するわけでもないし、向き合うべきところでは真剣になっていかないと正しさも伝わらないんじゃないかなぁ。

なんだかなぁ

またまたBTS界隈でごたつき発生してますが、なんだかなぁという感じ。

この前のチャート操作の話も、日本で出す新曲が変更になった件も一部のファンがしたこととはいえ、そんな状態にあるグループの音楽やパフォーマンスを純粋に楽しむ気持ちは今ないですね。

さらにメンバーの日本活動でのことも掘り返されてるみたいだし、その内容も差別的だと思わせるような引っかかることばかり。特別ファンでもないけど、これだけ色々出てくると事実でもそうじゃなくても考えもの。どうしたって見る目は変わる。

どんな理由があったとしても、思想や国や人種にとらわれることなく愛される音楽をつくって活動するのがプロのアーティスト。どんなに優れたサッカー選手でも人種差別をしたら退場させられるのと同じように、どんな優れたアーティストだってそう。

メンバーの考えがこの騒ぎですっと心入れ替わるとは到底思えないので、こうなった以上距離を置くなり、離れていくのが一番。何もしてないファンが無理に納得する必要なんてない。考え方が違うんだなって理解してお別れして、前に進むのがいいと思いますね。

距離の置き方

ビルボードのチャートが不正されてたんじゃ?という話が出てます。

これだけじゃ真偽は正確には分からないけど、可能性は高いんじゃないかなぁと思います。韓国や中国のファンなどを通してこういうのが起きるのは記事にもある通り、珍しくないので。プデュ48の時も一部で投票買い占めてたなんて話あったくらい。

本人達もそこまでして1位にこだわってないだろうに。

 

やっぱりネットを通してファンとの距離もファン同士の距離も近いし、スマホで誰もがなんでも情報手に入るから余計に一定の距離感とるのが難しいのもあるんだろうなぁ。元々の気性が大きいとはいえ。


私、気が向いた時に韓国の音楽賞や音楽番組への投票なんかたまにしてるけど、こういうのも毎回やってたらキリない!ソシャゲのガチャまわしてもキリないのと同じようなもん。すればするだけ満たされたような気持ちになるだけ。


だから、ちょっと他に欲を分散させるなりして一点集中避けてみるのがいいのかなって思います。距離感とるのが難しいのなら。


色んなことにエネルギー使うと、必然的に1つの物事への情熱って分散されるだろうからね。潔くミーハーなオタクでいこう。



ネットでも本音を言い出せない件

ハロプロオールスターズの憧れのStress Freeの歌詞に「本音を言い出せない件」ってありますが、ネットでも顕著ですよねこれ。

むしろネット社会だからこそ言い出せないって人が多いような気がします。本当はネガティブなこと考えてるけど、みんなが楽しそうにしてる中いえない、とか。

そういうのが積もり積もって、知ってる人には見られないようなところで爆発してるのをよく見る。って私もわりとそんなタイプだな苦笑。
気遣いとして本音を率直にいわないほうがいい時もあるから、100%本音ぶつけるのがいいとも限らないんだけどね。

でも、もう溜め込んで爆発するのでも私いいと思う!それですっきりするんであれば。溜め込んだままにしないのが一番だから。
日頃から本音すらすらいえるような人に自分がなるより、たまにしか本音をいえない自分にあった方法を見つけるほうが気楽。

UNBのライブに行ってきた

正直、まだライブの余韻に浸ってます笑 それくらい一昨日は感動的だったなぁ。

細かい部分になるけど、ライブ終盤のMCでリーダーのピルドク(Feeldog)が「1回ファンになってくれたら永遠にファンだから」って言ってくれたのとかそう。そんな寛容なこといってくれるなんて優しすぎるよ😭

「他の人やグループに浮気したら許さない」なんていってる日本のアイドルがちっぽけに思えてくる・・・。1回好きになったら、その好きだった事実は消えないんだから心はずっとファンのまま残り続けるよね、確かに。目に映る人だけがファンじゃないし。

あとはやっぱり、アンコール1曲目の後のサプライズが感動的でした。メンバーもそうだけど、私たちもすごく貴重な体験になったあれは!

企画したファンの人が用意した映像を流して、その後に事前に配布されてたスローガンを出すというサプライズだったんですが、映像だけでほぼ全員のメンバー号泣。そしてそれを見た私たちファンもちょっと涙ぐみながらスローガン出して、さらにそれを見たメンバーが泣いちゃうという連鎖。

これは絶対泣くってえええ😭😭


もちろん泣かせにきてるわけじゃなく、予定されてる活動期間からいって、次いつ日本でライブするかも分からないから感謝の気持ちを伝えようって意味でやったわけだけど、メンバー泣くってえええ!

でも本当に幸せな空間でした。このサプライズ以外の部分も全部含めて。また会える機会があればいいなぁと願ってます。

幸せの正体

一昨日、サバイバルウェディングの最終話を見ながら「幸せって何なんだろうなぁ」なんて漠然と考えてて行き着いたのが、

「かわいい」

があれば幸せな気持ちになれるよなってこと。
テレビ見て「あの人かわいい」とか動物や植物可愛がったりとか、心の底から「は~かわいい!」って癒される瞬間の積み重ねが実はすごく幸せをつくってくれてると思うんです。

そもそもみんなが思い描くような盛大で永遠に印象に残るような幸せって、自分がものすごい価値あるスターにでもならない限り、そうそう何度も訪れない特別中の特別な幸せ。こればっかり求めてたら他が全部平凡に感じるのも無理ない話。

だから、もっとハードル下げて小さな癒しの瞬間を大事にしつつ特別な幸せも求め続ける、がいいんじゃないかと思います。欲なさすぎてもありすぎてもつまんないからね。