colorful library

音楽やアイドルの話多めで気ままに思ったことをかいています

BANANA FISH見終わって

見終わった時に、アッシュと英二ぐらい深くお互いが心から相手を理解しようとする友達関係って私の人生にはまだないなぁと思った。

だって正直、大半の友達関係って同じ地域に住んでたり、通う学校なんかが一緒だったからそのまま付き合ってるとか一人だと寂しいからとか、そんなんじゃない?そう思ったら、すごい軽薄な友達関係ばっかりになっちゃってるんだなぁってちょっと愕然としたよね。相手のこと理解してても、心から深く知りたいなんて考えたことなかったんだなって。

それが当たり前になりすぎて、アッシュと英二が深い特別な絆で結ばれてるように見えてたけど、実はそれはいたって普通の友達の絆だったんだって気付かされた。私も含め、大勢の人がきっと本当の意味での「普通の友達」とは程遠い人間関係を築いてきてるから、アッシュと英二の関係に惹かれるんだろうね。

いってしまえば、お互いに相手のこと興味ないのに仲よくしてるのは友達でも何でもないただの顔見知りであって、立場や利益関係なく自分に関心もってくれる人、それでいて自分も関心もてる人を大事にすればいいのかなって思いました。この作品で。
後で印象に残ったところだけでも原作読もうっと。

やっぱりステージで完結しすぎ?な冬ハロコン

2日前にハロコンに行ってきました。率直に私が感じたのは、「ステージの上だけで全てが完結してる」ってこと。

すごい熱いエネルギーをぶつけてきたり、キラキラしたエネルギーを魅せてくれる子も中にはいるんだけど、何故かそういう子を前に出して目立たせることはしないハロー(苦笑)。だから誰もパフォーマンスをリードすることも、引き締めることもできずにステージの上で一生懸命やってるなぁ…って遠く見守ってる気分でした。盛り上がるコール曲は煽りあって、エネルギーが会場全体に向いてるんだけどね。

それでもアンジュは莉佳子、Juiceは佳林ちゃん、こぶしは浜浦ちゃん中心にまとまってやってる曲多いからその3グループは会場全体にエネルギー行き渡ってるように感じたかな。本当ならそれができるはずのまりあちゃんやまおぴんをがつんと目立たせてあげてほしい気持ち。中途半端に推すだけじゃ誰も輝かないから。


そんなことを思いながら、まぁライブ自体は楽しかったんだけども、振り返った時にそういえば「うわぁ!」って心が動くような瞬間少なかったなぁとは感じたから、そこがここ数年から続く今のハロー全体がステップアップするのに足りない所なのかなって思います。

新年早々気づいたこと

あけましておめでとうございます。

新年早々くだらない話をしますが、「そういやパーソナルカラー似合う色や血管の色で秋タイプのウォームかディープだと何となく思ってるけど、どっちがよりしっくりくるほうなんだろう?」なんてぼーっと考え始めて、改めて髪や肌の質で当てはまるの細かく調べていったら、そもそも冬タイプでした。これよくあるらしい笑。

でも、冬タイプの色全般が得意!ってわけじゃないから、くすんでたり落ち着いた濃い色が合う冬のディープタイプかな。よく言われてるイエローベースかブルーベースかは関係なく、色の濃さと明るさが重要だから秋タイプの色でも違和感なかったのかも。パーソナルカラーがしっくりこない人も私と同じように明るさや濃さが関係してる可能性大。

となると、ウォームタイプの色は私の得意な色と不得意な色の間ぐらいになりますね。似合う色が全てじゃないけど、こうやって分かってくると物選びしやすくなりそう。

最後に私が使ったことのあるディープウィンターにハマりそうなプチプラ化粧品をご紹介。
ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム N PK-8 アプリコットピンク 5.5g
これのRD-3ディープレッド。

ヴィセ リシェ グロッシーリッチ アイズ バーガンディ系 PK-3 4.7g
PK-3バーガンディーカラー。

ケイト ヴィンテージモードアイズ RD-1 エレガントなボルドーレッド アイシャドウ
くすんだ色味だから多分どれでもいける。

セザンヌ ラスティンググロスリップ RD1 レッド系 3.2g
これのRS-1ローズ系。

ざっと今年を振り返る

私の今年は新しい刺激を求めた1年でした。今までそこまで聴いてこなかった洋楽やK-popをがんがん聴いたり、海外ドラマ熱心に見たり、突然としてパーソナルカラーやコスメに興味もったり、自分の感覚をもっと深く掘り下げて高めたい気持ちが強かったのかな。今までは学生で目の前のことだけただやってたから、だいぶ一休みできました。

そうやって新しいものを求めてたからこそ、今までだったら応援できてた人から離れたくなったりもしたし、まさに出会いあれば別れあり。自分の気持ちをこういうブログやTwitterで文章にして表現するのが好きなんだろうなっていうのは去年から変わらなかったけど。

来年は一休みから少しずつウォーミングアップできるといいなぁなんて思いつつ、10月12月と短期間で今年風邪ひいちゃったのでまずは健康第一で笑。

Born This Wayを聴き込む

たまたまガガのインタビュー動画に巡り会ったので、Born This Wayを深く聴き込んでました。

基本的にJ-pop以外は歌詞深く気にせず聴くから、Born This Wayもなんとなくしか理解してなかったんだけども、改めて理解して聴いてみたら「これ以上に大切なことないな」って思う内容。

この歌詞にある「自分を信じて愛することが大事だ」ってことを世界で大成功してる人がなんでこぞってみんないうのかって、それが一人一人に与えられた最高の人生になる方法だから。ごまかしたり、自分を偽った人生はあなたの人生じゃないっていってくれてるんですよね。あぁ、なんて素敵な歌詞✨

私もこのブログで何回も「自分に素直でいることが大事」って類のことかいてるけど、本当にそれだけあれば十分じゃないかって思う。自分に合うものはそれぞれ違うし、好きなものは好き、嫌なことは嫌って認められることがBorn This Wayに繋がるんじゃないかなぁ。

オタ友いようがいまいが

ネットでオタク友達の人間関係に悩むイラストが話題になってたので話しますが、いたらいたで意見交換できたり、困った時に助け合ったりできる。
いなかったらいないで自分のペース守れたり、余分に飲み代とかでお金や時間かからないで済む、ってそれだけだよね。どっちにもメリットある。

私は基本的に単独行動のほうがやりやすいからライブなんかも1人でさくさく行っちゃうけど、女性で単独行動する人ってやっぱり少ないなとは思う、見てると。ごくたまに「1人なんですか?」って聞かれることもあるし、「1人なんて寂しい」って考えの人は多いはず。

でもはっきりいって、友達といようがいなかろうがそんな変わらない。寂しい時は寂しい、楽しい時は楽しいってどっちでも私は感じる。だからそんなに友達にこだわる必要もないかなぁと思います。自分の軸で生きてたらどっちだったってハッピー。

ファンタビとかBANANA FISHとか

そういえばこの前ファンタビ2見てきました。
前作も面白かったけど、私は今作のほうが人間味のある内容で好き。

このファンタビの魔法一族の血をひく者VS魔法一族を排除しようとする政府 の構図って、マイノリティな立場にいる人達の声が大きくなってる今の時代と重なるところあって、ファンタジーとして見ながら妙に現実味あるんですよね。

日本じゃ正義が悪を成敗するような刑事ものや医療もののドラマが定番で好まれるけど、「どっちにもいいところもあれば悪いところもあるんだから歩み寄っていこうよ」っていうファンタビみたいな多様性の形が今とこれからの時代の考え方だなって改めて思ったな。
とはいえ勧善懲悪なものもファンタジーとして見る分には悪くないと思うんだけどね。特撮とか私も好きで見てるし。


で今アニメやってるBANANA FISHは、お金や権力のある人に国や人種を越えた仲間同士で立ち向かっててグローバル化を目指してた時代背景が見えたり、多様性を目指す今とはまた違うものなんだけど、この違いもすごく面白いです。

こういう何気なく見てる映画やアニメで色んな価値観って結構見えるもんだなぁ。