colorful library

音楽やアイドルの話多めで気ままに思ったことをかいています

今、J-popを聴かない理由

先週のオリコンチャート、シングル・アルバム共に1位K-popグループで、配信1位は洋楽アーティスト、という結果だったのでびっくりしました。

J-popってここまで落ちぶれちゃったのか?もはや世間一般の人は洋楽とK-popしか聴いてないんじゃ?

あ・・・でも私も最近そうだ。

ipodに入れてる曲数は圧倒的にJ-pop多いんだけど実際聴いてるのはK-pop7割、J-pop2割、洋楽1割くらい。つまり、J-pop以外が8割占めてる。

なんでJ-pop以外を今よく聴くかって、
・メロディーがキャッチーで口ずさみやすい曲が多い
・単純に歌・ダンスの技術が高い
・Youtubeや定額の配信サービスでフル音源が気軽に聴けたり、DLできる

この3つが大きい。多分、私以外の多くの人も同じような理由じゃないかな。

特に3つめだよね。「CD買ったりレンタルするのは面倒だし、そこまで聴かない。でも1~2回フルで聴きたいなぁ」に手が届きやすい。

これがJ-pop以外にも馴染みやすくなる大きい理由。で、そのお手軽さに慣れてくると、どんどんそっちばっかりになって、気がついたらのめり込んでいくんですよね。「こんな素敵な人達いるんだ!じゃあこっち応援しよっかな」ってね。


とはいえ米津玄師くんとか今めちゃくちゃ売れてるし、完全にJ-pop廃れてるわけでもないんだけどね。90年代までに培った「売れる方程式」みたいなのが寂れてテレビ同様に飽きられてるだけで、やりようはいくらでもあると思います。ただそれをやる面倒さを乗り越えないと、だけど。

「一人でいたほうが楽」でもいいんじゃない?

「一人でいたほうが楽」というと何かと非難されがちですが、

「生活を自分に合わせるほうがいい人」は
一人が楽で
「生活を相手に合わせるほうがいい人」は
人といるほうが楽

っていう違いだと思うんですよね。

「一人でいるのなんて寂しくない?」なんて偏見が勝手に先走ってるだけで、どっちも楽しいんだからどっちでもいい、本来。


それに人といる時間以上に、私は一人でいる時間って大事だと思う。

自分から積極的に何か考えたり、感じたり、行動したり、そういう自分のためにすることが増えるから。

まずは自分を大事にして自分のために生きないと、人のこと大事にできる余裕なんて生まれないもんね。


無理に人といようとして気をつかって疲れるくらいなら、堂々と一人の時間満喫したほうがリフレッシュできて楽なのは当然だし、何をそんな悪くいうのか不思議。

過去のツイートで自分の言葉遣いの変化がすごく分かった話

はっきりいって、ツイッター始めたばかりの8年前(2010年)から数年間の自分、

言葉遣いが悪かった!


自分ではそんな言葉遣いしょっちゅうした記憶ないのに、「~しろよ」「~じゃねぇだろ」とかよく使ってた自分に驚き。今でもたまに使うけど、そんな口癖のようにはいわないから。

ものの根本的な考え方は8年前からそんなに大きくは変わってないから、話し方も変わってないって勝手に思ってました。でも、そうじゃなかったんですね。


ということは、話し方ってちょっとした気持ちの変化ですぐ変わるものなのかな。

思いやり持たずに話してたら自然と汚い言葉遣いになるし、人に親切にしたいって思ったら自然と優しく、時に厳しい言葉遣いになってくる。そういう風に常に気持ちと共に変わっていくのかも。


多分、当時の私は学校生活で人に優しくすることに逆に疲れてたり、嫌気がさしてたので言葉遣い悪くしてるほうがストレス解消になって楽だったんだと思うんですよね。人といすぎて気持ちに余裕なかった。自分を大きく見せたい気持ちも多少あったのかな?

大学に通い始めてからはだいぶ1人の時間が増えて、余裕ができてきたからそれがだいぶなくなったんだと思います。

こうやって振り返ると、気持ちに余裕もてる環境あることって大事。人によってその環境も違うから自分で気づくことがまず必要。
意識して無理に言葉遣い直すより、これが1番。

いいことをかいたほうがいい雰囲気

Youtube、5ch、Yahooコメント・・色々自由に意見かきこめるサイトってあるけど、Twitterだけはいいことをかこうとする意識が高い気がします。

たまに流行ってる映画や音楽の感想でも検索しようかなーって検索しようもんなら、何かのテンプレに沿って面白おかしくかいてるか、いい感想がほとんど。
で、普通に検索かけてみたらちゃんとよかった所・悪かった所かいてあって

「え?なんでTwitterにもそれかかないの?」

ってことが多い。

リアルタイムで動くTLがある以上見られてる意識出るのは私もそうだけど、だからっていいことだけいわないといけない場所なのか?っていったらそれはもちろん違うと思うんだよね。誰かと仲良くなるために媚びるツールでも意見交換するツールでもないし本来。

何でもいっていいわけじゃないよ、そりゃ。でも、否定的なことだんまり決め込んでいい自分を演出してるの見ると、本当にいいと思ってかいてる内容も全部嘘に見える。本当の気持ちが一つも見えない。それが虚しく感じるし、信用しようって思えなくなる。

きっと始まりは周りが楽しんでるのを邪魔したくないとかそういう気持ちからきてるんだろうけど、自分が楽しめないことは他人の邪魔にならないから!そもそも!相手が勝手にそう思うだけでこっちには関係ない話。

いいことかこうと褒める所無理に絞り出して自分を満足させるより、思ったことをかいたほうが自分も周りも満足させられるようになるんじゃないかな。

ミーハーでもなければオタクでもない人をなんて呼べばいいだろう

ミーハーっていうほど流行りものに飛びつかないけど、オタクっていうほど何かに固執もしないなって人いません?

っていってる自分がそのタイプだから今からこの記事かくんですが(笑)

なんかこの状態、自分ですっごい中途半端だな~ってずっと思ってたんだよね。

で、なんて呼ぶか決めた。
呼び名は・・・


「マイペース」!!



めちゃくちゃひねりのない名前ーー!
だけど分かりやすくていいんじゃないでしょうか。

流行りものにたまに飛びついて、深くこだわるわけじゃないけど、これは好き!ってものがしっかりある。うん、マイペースそのもの!


世間一般的に見れば、オタクに自分のペース大事にする人いるイメージあるかもしれないけど、実際はお互いがこだわりぶつけあって熾烈な争いあったりするから自分のペース大事になんてできないんじゃないかな、なんて思ってる。

どこに属することもなく、気ままに好きな要領でミーハーだオタクだ気にせず楽しむのがマイペースだからね。

こういうのを「寂しい」って感じない、あるいは感じてもそんなに気にはしないなって人に限るけど、これ。

突拍子もなく自分の人生訓的なのを語ってみる

人生訓っていうと大げさですが、わりと自分の中で無意識に意識してることは

 

・自分の素直な気持ちを自覚する

・自分と他人を区別して見る


 の2つ。

 

一つ目の「自分の素直な気持ちを自覚する」は要は「素直でいる」ってことなんだけど、これは感じるまま生きろ!ってことじゃなくて、自分がどうしてそう思ったり考えるのかまで知るってこと。


そこまで知って初めて「素直でいる」だと思うんだよね。直感で思ったことだけが自分の感情全てなんじゃなくて、その裏に隠れてること(見栄とか恥とか)っていっぱいあるだろうから、そこを見極めないと本当の気持ちって見えてこない。



2つ目は、そのままの通りだけど自分と他人は違うことを意識するってこと。


無理に分かりあわず、分かり合えたらラッキーくらいに思っといて、困ってる時はきちんと手を差しのべるようにする。


人を妬むも羨むもそう思っちゃうのはしょうがないから全く人と比べないってのは無理だけど、「分かり合えるほうが珍しいから別に何だっていいよね」って気持ちをどっかにもっておくと楽。

「この人はこういう人なんだなぁ」で大体収まる。



今回自分でかいてみて思ったけど、なかなか自分の人生訓って考えたことなかったなー。いや、普通ないかw 












 

 

 

 

 

 

 

 

歌で印象残すのって難しいな!?

「曲よくて、歌上手いのになんで売れないんだろ?」って思うことありません?

で、そういうアーティストを見た時に行き着く答えが「歌の印象がない」

みんな歌よりも曲のコンセプトや見た目のインパクトとかを気にしてるようなイメージあるけど、

歌に魅力なかったらそもそも何やっても成り立たないんじゃ?

だからアーティストにとって歌の存在って大きいと勝手に思ってます。


具体的に歌の印象があるってどういうことかっていうと、ぱっと耳にした時に誰の声か分かるような特徴的な声をもってて、かつ説得力があること。

癖のある歌い方や声だったら何でもいいというわけじゃないです。
・・・って言葉でこうやって説明するのは簡単だけど、実際難しいよね!これをやるって!

バンド、ソロアーティスト、2人組ユニットはともかく、3人以上のボーカルがいるグループになるとさらにこの「歌で印象残す」ハードルって高い!

現に3人以上ボーカルがいるグループで今一般に売れてる所って嵐みたいなアイドルグループ系とE-girls、Perfumeぐらい。意外といないんですよね、もっといそうに感じるけど。

3 人以上になるとどうしても歌の印象バラけて何も残らなかったり、似たような声の子揃えちゃって凡庸に聴こえるから覚えてもらいにくい、っていうのがあるからやっぱり難しいんだろうなぁ。

だからメインボーカルを1~2人決めて、そのボーカルをたててあげられるような声の相性がいい子を揃える、っていうのがどれだけ運命的な出会いで成り立ってることか!!


ダンスが上手なグループ、ビジュアルのいいグループ、色んな持ち味のグループいますがそれよりも歌の印象が残るグループを私はもっと見てみたいですねー。そんなグループを探しながら今日も音楽を聴きます(笑)